*

ココ・アヴァン・シャネル

公開日: : 映画

 

chanel_1_1b 誰もが知るシャネルの半生を描いた作品。
といっても、主にどのようにして上り詰めてきたか?という点で重要な、
若いころにスポットをあてています。

元々、孤児院で育った「ガブリエル・シャネル(ココ)」は、
洋裁店で働きながら姉とナイトクラブで歌をうたって暮らします。
そこで裕福な男性と知り合い、その人を通じて上流階級の人々と
出会っていくのですが、そのなかで彼女の才能を見抜き投資をしてくれる男性と出会います。

女性がまだ自立することができない20世紀初頭。

玉の輿に乗るか、一生下働きか、という選択しかできない時代にどちらも選ばずに、自分の生き方を変えない。

それは彼女のスタイルにも表れていて、当時誰もが着る、男に媚びたフリルの沢山ついたドレスは着ずに、今の黒を基調としたシンプルなシャネルのスタイルをその時から貫き通しています。

どうしても作られた物語ではないので、物語は淡々と進みます。
それでもこれだけのブランドを創った彼女の人生は、小説で描く内容よりも大変な人生を送ってきたといえます。このブランドの背景を観させていただき、改めて彼女の手がけた物に興味を持ちました。

孤児院の生活から、ナイトクラブ、そして上流階級のパーティー、成功したときの彼女のブランドのファッションショー。
彼女はいつもそれを遠くから見つめ続けていました。
彼女自身は変わることはないのですが、その時々で周りが変わっていきます。

その対比がとても面白く、とても深い映画だったと私は思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

映画「陰日向に咲く」

深夜23時半から「陰日向に咲く」を観に行きました。 レイトショーって前からなんだろうと思っていました

記事を読む

2009年に観た映画

まだ2009年に観た映画のランキングを、つけていなかったので書いてみたいと思います。 正直なところ、

記事を読む

アバター

少し前に豊洲の映画館まで観に行きました。 当然、3Dです。少し料金が高く、3Dのメガネが配布されます

記事を読む

終戦のエンペラー

観たいと思っていた作品「終戦のエンペラー」を公開日に観に行きました。深夜に行った事もあるけれど、全体

記事を読む

おくりびと

ひさしぶりにいい映画をみた。 観たいと思っていたけれど、六本木の2つの映画館ではやっていなく

記事を読む

ゼロの焦点

  少し前に観てきました。今年一番楽しみにしていた映画です。原作は、松本清張の作品。砂の器

記事を読む

人間失格

  まず前提として、私は太宰治の作品がとても好きです。 学生時代、読んだ時 こんな人が自分

記事を読む

2008年の映画

会う人に「今年(2008年)どんな映画みた~?」とか、「どの映画が良かった?」とか聞いてまわるのだ

記事を読む

大いなる陰謀

映画「大いなる陰謀」を観ました。政治家、国民、ジャーナリストと各感情が分かりやすく表現されていました

記事を読む

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

久しぶりすぎて、パスワードが通らなくて、これ誰かに入られたのかな?的な感じでした。 たまにですが、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

lgi01a201401130700
引越しを安くする最強の方法はこれ!

私はこの10年で何回も引越しをしています。 県をまたぐこともあれ

virus
MPC CleanerやHao123が削除できない人へ

海外のページにアクセスしたりすると、いつの間にか変なソフトを入れられる

東京モーターショー2015 日本の自動車産業が元気になってきたように思えた。

報道向け内覧会があり、行かさせていただきました。ネットでは自動運転が盛

imasia_2607023_S
ネットの引越し比較サイトはオススメできない理由

少し前になりますが、引越しをすることになり、その時 引越し比較サイトを

P1110922s
予告犯

先日、映画「予告犯」を観てきました。 平日に行ったので、すごく空

→もっと見る


  •  
PAGE TOP ↑