*

映画「陰日向に咲く」

公開日: : 映画

深夜23時半から「陰日向に咲く」を観に行きました。
レイトショーって前からなんだろうと思っていましたが、遅い時間に行くと、とても安い値段で観られるのですね・・会計のときに気付きました。
内容は「日が差さない人の物語」。前知識もまったく持たずに行きましたが、不覚にも泣かせていただきました。
途中ダレる部分もあったりして不安になる時間もありましたが、後半はなるほどと思わされ、展開がよかったです。でもきっと世の中の意見はわかれるかな?何がよかったのか解らないという人もいるでしょうし、意味がわからないという人もいるでしょう、キャスティングが合わないと思う人もいるでしょうね。
私的には・・・特に日が差さない時を味わった人、自分に重ねることが出来る人は泣ける映画だと思います。原作者である劇団ひとり さんも、そういう思いをして、その頃の思いを残したくて、この本を書いたのではないでしょうか。 こんな原作が書けるなんてすごいです、改めて原作も読みたくなりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2011年公開映画

昨年、あまり映画を観る時間が作れなくて、結果 数本しか観ませんでした。 しかし、なんとか時間を作っ

記事を読む

映画の日

毎月1日は映画の日。昨夜はノー残業デイということもあり、仕事が終わった後 映画を観に出かけてきました

記事を読む

GOEMON

迫力ある映像。誰もが見たことのない教科書でしか教わっていない頭の中の安土桃山時代を、監督は独自にブッ

記事を読む

イキガミ

少し前?といっても もう1ヶ月ぐらい経つかな?イキガミという映画を観てきましたので、そのことを書きま

記事を読む

hearafter

ヒアアフター

地震の起きる1週間くらい前かな?観ました。 地震が起きて津波の映像を見たときに、やはりすぐにこの映画

記事を読む

クライマーズ・ハイ

「クライマーズ・ハイ」を観ました。以前、NHKでやっていたドラマを観ましたが、その映画化です。 日本

記事を読む

ソルト

  少し前に当たったチケットで観てきました。 ロシアで幼い頃からスパイになるべく育てられた

記事を読む

人間失格

  まず前提として、私は太宰治の作品がとても好きです。 学生時代、読んだ時 こんな人が自分

記事を読む

2010年に観た映画

2010年公開映画

自分の中で恒例になりました、昨年観た映画のランキングをつけたいと思います。書いておくと読み返した時と

記事を読む

ゼロの焦点

  少し前に観てきました。今年一番楽しみにしていた映画です。原作は、松本清張の作品。砂の器

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

lgi01a201401130700
引越しを安くする最強の方法はこれ!

私はこの10年で何回も引越しをしています。 県をまたぐこともあれ

virus
MPC CleanerやHao123が削除できない人へ

海外のページにアクセスしたりすると、いつの間にか変なソフトを入れられる

東京モーターショー2015 日本の自動車産業が元気になってきたように思えた。

報道向け内覧会があり、行かさせていただきました。ネットでは自動運転が盛

imasia_2607023_S
ネットの引越し比較サイトはオススメできない理由

少し前になりますが、引越しをすることになり、その時 引越し比較サイトを

P1110922s
予告犯

先日、映画「予告犯」を観てきました。 平日に行ったので、すごく空

→もっと見る


  •  
PAGE TOP ↑