*

今更ながらサイト売買サービスについて

公開日: : まとめ, 他社サービス

もともとは米国で拡がっていたビジネスモデルですね。wikipediaには2005年とありますが、2003年前後に立ち上げた会社がありました。残念ながら、案件の少なさと、サイトを売買するということが、一般的ではなくサイト自体が閉鎖され、その後 web2.0と騒がれだしたころ(2005年)に「サイトキャッチャー」というサイトが立ち上がりました。

うちの会社でも、2006年に、サイトキャッチャーを通じてブログパーツを購入したことがあります。

サイトキャッチャーは、当時、メディアネットという会社が運営していたのですが、その会社が百人町にあって、VCの担当の方が「この広い東京で、なんで百人町?」と言ったのを覚えています。住所って意外と大事なんだなぁとそのときは思いました。当時は、メルマガを熱心に配信していて、そのおかげかサイト自体が盛り上がっていたように思えました。その後は、使うことはありませんでしたが、昨年、2サイトをサイト売買サービスを使って売却しています。

今は、結構ネット界隈でも認知されているサイト売買サービスですが、取り扱っているサイトも乱立していて、なかなか難しいビジネスモデルだなぁとは思います。案件が被っていることも多いし、手数料が結構かかるので、小さい金額だと売れない・・・など色々デメリットもあります。値段の設定が、かなりざっくりしていますので、そのあたりは、各サイトの色が出ていて面白いですね。運営者の希望価格が多いのかな?自分的には、面白いサービスですので、いい形で伸びてくれたらなぁと思っています。

サイトキャッチャー

2005年に始めたサービスです。私もよく見させていただいたり実際に利用したりしましたが、情報をRSS配信していないので、常にサイトに行ってチェックしないといけなくて、その部分がFeedlyへ全部登録する私的にはいまいちです。一番最初の運営会社のときには、頻繁にメルマガが届いて、それはそれでよかったのですけどね。手数料は売り手買い手ともにかかります。売却までに案件によりますが、1ヶ月ぐらいはかかるかな?(3月の掲載案件数:24)

サイトキャッチャー

サイトM&A

GMOさんに売却されてから掲載していただいたことがありますが、載せるまでに結構審査が厳しかった記憶があります。全体に高めの値付け?の感があります。売れたことも買ったこともないのでなんともいえませんが、GMOが運営しているだけに、認知度は高く問い合わせも多いのですが、基本営業の方を通じてでした。小規模なサイトには不向きかな?案件も少なめですので、もう会社的にあまり力が入っていないのでしょうか?(3月の掲載案件数:4)

サイトM&A

サイトストック

以前はアイレップさんが運営されていましたが、売却されました。案件数は多めですし、安価なのもあって、さらにサイトも見やすい為、今度使ってみようかなぁと思います。会社名=サイト名になって、専業でやられているようです。(3月の掲載案件数:23)

サイトストック

サイトレード

こちらも専業でやられているようですね。値段が全体に高めな気がしますが、あまり小さい案件は扱っていないのかな?(3月の掲載案件数:9)

サイトレード

macs

この中では、最後発サイトになりますが、案件数は多めです。詳細については、サイトにあまり掲載されていないようですが、他サイトに掲載されていない案件が多いようですし、ひとつひとつ選別して掲載されているので質という意味で安心できます。直接、相談すると親身になって対応していただけますのでお薦めです。(3月運営開始 4月の案件掲載数:9)

macs

サイト楽市

以前、売り案件を探しているときにみつけました。案件数は多いのですが、基本当事者同士に任せている感じでしょうか。以前、案件掲載者に問い合わせをしたけれど、返事はかえってきませんでした。玉石混淆な感じなので、案件を見抜く力は必要かも・・・(3月の掲載案件数:19)

サイト楽市

アダルトレーダー

珍しいアダ○ト系のサイトや、アフィリエイトサイトをたくさん載せているサイトです。価格の安い案件もたくさん掲載されていて、積極的にやりとりが行われています。掲載案件数も多いです。(3月の掲載案件数:22)

アダルトレーダー

その他

あまり更新されていないところも多いですね。掲載案件を集めるのが大変なのかもしれないですね。

サイト売買屋さん

プレミアM&A

SITE BOX

サイト売買スクエア

 

備忘録のためにもリンク集にしてみました。こうしてみるとやはり掲載案件数って重要なんだなぁと思います。自分が使っているときには、『掲載してユーザーが勝手にやり取りした挙句、手数料がとれて美味しいビジネスだなぁ』なんて思いましたが、これだけサイトも乱立していると、なかなか大変なサービスかもしれないです。やはり営業力勝負かなぁ。

ドメインなどは、海外では数百万で売買されたりしていますので、今後は、サイト本体だけではなく、色々なものに波及していって、拡がっていったら面白いですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

RSSリーダー シェア調査

FeedMakerシリーズにて発行されているRSSフィードの、RSSリーダーのシェアを出してみました

記事を読む

無料でプレスリリースを配信する方法

プレスリリース配信の会社は何社もあり、また値段も様々。弊社でも以前は、お金を払ってプレスリリース代行

記事を読む

WiMAX

WIFIルーターを色々比較した結果、WiMAX2+が一番いいと思う理由

移動中どうしてもネットに繋がらなければ困ることが多くて、出始めた頃から色々と契約して使っていたWIF

記事を読む

support

ネットのサービスだからこそ電話サポートではなく、チャットサポートがいいと思う

オンラインチャットサポートが便利だと思う理由 こういうところに導入してくれたら便利です。

記事を読む

本家が模倣サイトを買収

先日、米国のGrouponが、日本の類似サイトを買収しました。 買収ではなく増資に応じたのですが、

記事を読む

images

カーシェアとレンタカーどっちが安い?

以前にも書いたことがありますが、日常的にカーシェアとレンタカーを使用しています。 主に買い物や

記事を読む

s-1

被リンクが獲得できる無料登録サイトをまとめてみた

サービスのひとつとして、「厳選30サイト登録」というサービスを提供しておりました。被リンク効

記事を読む

EC-CUBEの無料テンプレートをまとめてみた。

ちょっと久しぶりに、EC-CUBEをインストールする機会がありまして、すでにバージョンも2.13にな

記事を読む

無料でファックスを使う

無料でFAXを送るビジネスって成り立たないかなぁ なんて考えていました。 昔、webがない時、

記事を読む

lgi01a201401130700

引越しを安くする最強の方法はこれ!

私はこの10年で何回も引越しをしています。 県をまたぐこともあれば、同一区内ということもあり、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

lgi01a201401130700
引越しを安くする最強の方法はこれ!

私はこの10年で何回も引越しをしています。 県をまたぐこともあれ

virus
MPC CleanerやHao123が削除できない人へ

海外のページにアクセスしたりすると、いつの間にか変なソフトを入れられる

東京モーターショー2015 日本の自動車産業が元気になってきたように思えた。

報道向け内覧会があり、行かさせていただきました。ネットでは自動運転が盛

imasia_2607023_S
ネットの引越し比較サイトはオススメできない理由

少し前になりますが、引越しをすることになり、その時 引越し比較サイトを

P1110922s
予告犯

先日、映画「予告犯」を観てきました。 平日に行ったので、すごく空

→もっと見る


  •  
PAGE TOP ↑